捨てられない部屋の特徴

スポンサーリンク

こんにちは。

家事課長です。

 

定期的に片付けをしないと、知らないうちに増えてる・・・

まあ、繁殖する訳ではないので、そんなはずはないのですが(笑)

 

我が家は、明日の月1回の埋め立てゴミの回収にそなえて、部屋の中を見て回ったところ、文房具が入っている引き出しが2か所あり、

あまり使わない方の引き出しの中身を、ガサッとそのままゴミ袋に投入しました!

カッターなどの金属が入っていたら危険なので、それは確認しました。

 

ほとんどが子供が使っていた、シャーペンやボールペン、蛍光ペンでした。あと、どこかでもらったペン類。

こんなにあるとは思わなかったので、もうびっくり!!

 

でも、スッキリした~!!

 

 

リビングに文房具が2か所に分かれているのは変なので、やっぱり1か所にまとめます。

 

文房具メインの引き出しの中も思い切って減らしました。

※空になった引き出し。

 中は鉛筆なんかで汚れていますが、このあとキレイにします。

 

外に物を置かない

リビングは急なお客さんが来ても、困らないようにいつもキレイにしていたいです。

それに、くつろぎの空間として、家族みんなが疲れを癒す場所にしたいですね。

そのためには、床などに物を置かない。

家具やテーブルの上も物を出さない。

 

と言うと、無理~!挫折しそ~!

なんて声が聞こえてきそうです。

 

外から帰ってきて、床に物が散乱しているとストレスを感じます。

とりあえず、椅子の上でもいいので、床に何も置いていない状態を体験してみてください。

何か、感じが違いませんか?

 

散らかった部屋の特徴

スポンサーリンク

 
散らかった部屋の特徴は、収納が機能していないと言う事です。

だから、収納から物を取り出すことはなく、その辺に置いてある物使っている。

収納の前に次々物を置くから、収納は開かなるし中にある物たちの事を忘れてしまう。

そして、何カ月も下手すると何年も開ける事がない。

 

外から帰ってきたら、その辺に置いておいて、また次の日は置いてあるものを持っていく。

 

どうすればいいか?

 

やっぱり、捨てるしかない。

 

収納の中の物を捨てるしかない。

 

収納を空ければ、その辺に直置きしている物をしまうことができる。。

 

何度も、何度も捨てるしかないと言われて、

もう、いやになっちゃいます?

そんな事言わずもうちょっと、お付き合いください(笑)

 

以前、私もさんざん床に物を置くな。椅子の上に物を置くなと言われてきたんですよ。その気持ちよく分かりますよ。

でも、確かに床などに物を置かなくなると、掃除が楽なんです。

 

だって、床に物があったら、それをどかして掃除機をかけないといけないじゃないですか。

え?どかさずそのまま?

いやいやいや、ほこり溜まってますから(笑)

 

床に物を置かない

これだけなら、守ることできるでしょうか。

イスなどの上に物を置くのは、ここでは許します。

両方やろうとすると、本当に嫌になっちゃうから(笑)

 

収納の中をとにかく捨てます。

ここも、自分との葛藤があると思います。自分との戦いです。

代わりに誰かが捨ててくれると言う事はないのです。

 

捨てる作業はエネルギーを使うので、1段ずつやります。

1段でもハードルが高かったら、その半分でもいい。

とくかく捨てます。心を鬼にして(笑)

 

すごく疲れるけど、終わってみると爽やかな気持ちになる。

 

きれいに片付いた我が家を見ると、ウチ、築30年近いんですけど、

なかなか捨てたもんじゃないと思いますよ。

 

1日5分でも10分でもいいから、毎日続けてください。

そして、1日5個でも6個でもいいから捨てます。

 

頭や気持ちがスッキリして、だんだんいろんな事が上手くいき始めます。マイペースでいいのです。

昨日より今日が良ければ、確実に自分は進化しています。

 

お互い、より高い幸せを目指してがんばりましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ