日本人の物の多さは世界トップクラス?

こんにちは。

家事課長です。

 

息子が留学のため都内のアパートを撤収するため、引っ越し作業に行ってきた時の話です。

もともと、部屋は狭く四畳半にロフトが付いていて、シャワールームとトイレ簡易キッチンがある間取りになっています。

冷蔵庫と洗濯機はもらってくれる人に譲渡し、家具は小さいタンスとステンレスの高さが1mくらいの棚、上がガラス製のテーブルです。

後は、段ボール約8~10個分だったかな。

 

それにしても、荷物が多い!!

え~っ!!ひとり暮らしってこんなに荷物多いものなの!?

 

同じような服がたくさん出てくる。

本人曰くデザインが違うのだそうだ。

私から見ると、同じに見える。

靴の量もハンパなく、一体何足所有しているのだろう。

私がお片付けブログを書いて、物を減らすことを推奨しているにもかかわらず、ツッコミどころ満載で、悪い見本に上げたくなる(笑)

 

一人当たりの洋服の適量

 

私は一人当たりの洋服の適量は、クローゼットに余裕を持って収まる分だと思っています。

 

住んでいる家のクローゼットの容量によりますが、もし衣類を収納するスペースが少ない場合は、

少ない衣類でいかに着まわせるかが、腕の見せ所ではないでしょうか。

 

息子の場合は、このトップにはこのパンツといったように、バリエーションがなかったのでしょう。

 

芸能人のように、広いクローゼットいっぱいに所有する理由はないですよね。

幸いなことに、私たち一般人はステージ衣装は必要ないですから(笑)

 

必要なのは、会社や学校に着ていく服が数枚。

ワンシーズン上下1週間分7着ずつあれば、かなり着回しができます。

あと、冬なら防寒着が数着要りますね。

 

その他フォーマル、ちょっとかしこまった席に着ていく服があればいいと思います。

シーズンオフの衣類の収納場所がなければ、しまむらや、通販で安い服がいくらでもあるので、

ワンシーズンで着つぶして捨てるという手もあります。

 

この方法は、流行に敏感な若い方限定のオススメだと思っておりましたが

、私のようなアラフィフにもこの方法の方がいらっしゃいました。

 

メリットは、

・収納場所を考えなくていい。

・集合写真で服が過去とかぶらない。

・アラフォー、アラフィフ世代が着ると、安っぽい服に見えない。

・若い方なら、流行に敏感。

 

 

デメリットは、

・ワンシーズンで捨てられないと、部屋が大変なことになる(笑)です。

 

日本人の物の多さは世界でもダントツ!?

以前、世界の中流階級を対象に、家族全員と家の中の物をすべて家の外に出してある写真を見たことがあります。

その中でも、荷物の量がハンパないのが日本の家で、かなり衝撃を受けました。

 

アメリカもそこそこ、もしかすると日本と同じくらいあったかもしれませんが、家の大きさが全然違うので、家の中に納まると物は少なく感じるはずです。

 

なぜ、日本の家庭は物が多いのかと言うと、和洋2つの文化が共存しているからと言われています。

 

季節も色とりどりで、その季節ごとの行事に使う、ひな人形・五月人形・クリスマスツリーやそれに伴うキッチン用品、衣類や靴などのアイテムも必要になります。

 

それなのに、収納や部屋の面積は欧米より少ないときています。

普通に暮らしていれば、物が多くなって当たり前な境遇なのです。

 

そして、次々発売される便利そうな商品、おしゃれな商品を手に入れて自分を満足させようとします。

それは、まあいいのですが、今まで使っていた物を捨てないでまだ壊れていないからと言って、使いもしないのに収納してしまうから悪いのです。

 

自分を含めて思うのですが、捨てる捨てない以前に私たち日本人は今もなお、「まだ捨てるのはもったいない」と、戦後の感覚をそのまま次世代へ受け継いでいることが、問題なのです。

 

ここで、誰かが意識改革をしないと、また子供や孫まで受け継がれてしまいます。

 

戦争を経験した、私よりずっと上の世代の人は仕方ないのかも知れませんが、今生きている人で、戦争を経験していない人の方が圧倒的に多いはずです。

この世に生またときから、すでに豊かな時代です。

 

「片付け」「捨てる」意識の改革

「捨てることは、悪ではない」

これからは、もったいないと言う考えは、今の時代に合わないと言う事を頭に入れておかないとならないです。

ひと昔前はいい言葉だった「もったいない」と言う言葉の方が、今の時代は悪いと思った方がいいです。

 

自分の周りに置く物は、いつも使う物だけ。

という、考えにならないと永遠に片付かないです。

とにかく、物を少なくする方法を模索する。

本来の掃除や片付けも、物が減らないとスタートすらできない。

 

物が少なくなってくると、不思議と物を買わなくなります。

「物を捨てるんだから、新しいのを買うでしょ?」

とは、ならないんです。

 

お店で便利そうなグッズを手にして、今までは衝動買いに走ったけど、「あ、これ、最初しか使わない」って、分かるようになります。

どうしても欲しい物も出てきます。

そうしたら、代わりに〇〇を捨てようと決めれば増えませんよね。

 

今でも、何の躊躇もなく捨てられる訳ではありません。

でも、捨てない方がもっと悪いと心の中で強制的に思っていると、だんだん捨てられるようになるし、躊躇するのは捨てるときだけで、捨てた後はスッキリ、さっぱりした気持ちになります。

 

だから、捨てる作業は「間違っていないんだ」を確信することができるのです。

 

私もまだまだ修業の身。みなさんと一緒に、片付けというツールを利用して、部屋も自分も進化させ、さらなる幸せを掴むこと願ってやみません。

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ