部屋の匂いの原因生活臭を、いい香りにする方法

<スポンサーリンク>

 
 

こんにちは。

家事課長です。

 

どこかのお宅にお邪魔するとき、

その家独特な匂いを感じたことはありませんか?

その多くは、そこに住んでいる人は、気が付かないことが多いです。

 

自分の家は、人から見て一体どんな匂いなんだろう。

すごく気になりませんか?

どうせなら「いい匂い」と思われたいですね。

 

 

生活臭の原因

余談ですが、我が家は何年かに一度の本当にたまになんですが、家の中で悪臭がすることがあります。

原因は、台風のあとや風が強い日の風向きによって、空気が排水管を逆流してくるときです。

なぜだか分かりませんが、洗面台の排水溝だけです。

あとは、ほとんど分かりません。

カビキラーなどを排水溝にシュッシュと撒いて、応急処置をします。

するとそのうち、気が付くと匂いが消えています。

この対処で、合っているのか分かりませんが(笑)

 

今回お伝えしたい生活臭とは、これとは違って、その家の人が長く生活してきて家に染み付いた匂いのことです。

 

よそのお宅にお邪魔すると、その家独特の匂いがすることがあります。

 

生活臭の原因はいろいろあります。

簡単に言うと、

玄関ではくつの匂い。

キッチンでは調味料や食品の匂いや、生ごみの匂い。

壁やカーテンに着いた匂い。

家の中の湿気。

 

それらが、混ざって生活臭となります。

 

この生活臭はそこに住んでいると、分からない匂いです。

自分の家は無臭だと思っていても、人から見ると独特の匂いを感じとる事があります。

 

解決方法としては、基本は換気は重要です。

 

私は、朝、窓を開けて空気の入れ替えをします。

本当は起きてからすぐにやりたいのですが、家族がまだ寝ている部屋では、なかなかできないですよね。

 

家族が全員出払ったタイミングで家中の窓(玄関も)を開けて、一斉に換気します。

冬の寒い日もです。

 

 

 

これをやるだけで、仕事から帰ってきて、家の中が爽やかな気がします。

毎日やっていると、換気が十分でないと空気がよどんでいるのが何となく分かります。(分かるのは、自分の家だけに限りますが)

 

 

あとは、生ごみはなるべく家の中に置かない。

やむを得ない場合は、蓋つきのゴミ箱にする。

 

 

 

私は使い終わった車の芳香剤を、生ごみ用のゴミ箱の底に置いておきます。車ではもう香りが弱くなっていても、ゴミ箱の狭いスペースではまだ仕事してくれています。

生ごみのゴミ箱の蓋を開けた瞬間の、あの嫌な匂いがましになります。

 

部屋の中に、湿気を残さない工夫も。

換気を十分にしたり、梅雨の時期は除湿器を活用するのもいいですね。

 

布などにも匂いが付きますので、カーテンやマットなど洗える物はすべて洗う。

 

アロマオイルを使う

スポンサーリンク

 

「なんか部屋匂うのにこれからすぐに人が来る!」

と言う場合、私は一時的に即効性のあるお香を焚きます。

火を使うので気を付けないといけないのですが、わりと強力に香ります。

 

おすすめは、普段からよく使いたいアロマオイルです。

お香ほど強く香りませんが、デュフューザーで長い時間香っていたり、タイマーを使えば寝るときにもいい香りに包まれて眠れます。

 

その他、ハンカチなどにオイルを垂らして持ち歩いたり、私が持っているオイルは原液で耳の下あたりに、ちょんちょんと直接体に付ける事ができます。

 

いろいろな種類のアロマオイルがあるので、一日中多くの香りが楽しめます。

自分も楽しめ、お部屋もいい香り。一石二鳥ですね。

 

 

いい香りを嗅ぐ効果

最初にアロマオイルを買うとき、何が何だか分からなかったので、柑橘系とラベンダーをお店の人に選んでもらいました。

朝や日中は、活動的で勉強や仕事の効率を高める柑橘系の香り、夜は神経を休めるラベンダーで、ストレス解消効果のある香りにするといいよと教えていただきました。

 

柑橘系のオイルは何種類かあり、私はその中で香りが爽やかだったレモンにしました。

 

アロマオイルはフランスの科学者が手にやけどをした際、ラベンダーの精油を付けてみたところ、きれいに治った事がきっかけで、医療に役立てる研究がすすめられたと言われています。

 

アロマオイルに関しては奥が深く、香りを楽しむだけでなく、人の体や脳に働きかける効果が謳われています。

 

例えば、頭痛のときや喘息の発作を和らげるときに、ペパーミントを使ったり、神経が高ぶって眠れないときはラベンダーを使ったりします。

その他、いろいろな用途がありますが、それはまた別の機会にしたいと思います。

 

まとめ

・部屋に染み付いた生活臭を改善するたあめに、毎日定期的に換気をしたり、湿気を防ぐ工夫をする。

・生ごみはなるべく外に置き、外に置けない場合は蓋つきのゴミ箱を使い、匂いが漏れない工夫をする。

・カーテンやマットの布類などは、洗える物はすべて洗う。

・お香は一時的に強力にいい香りに包まれる。

・アロマオイルはデュフューザーで長い時間お部屋をいい香りにする。

・アロマオイルは香りを楽しむだけでなく、体や脳によい影響がある。

 

自分のお部屋が、片付いていていい香りが漂っているところを想像すると、とてもリッチな気分になります。

 

常に、ワンランク上のお部屋を目指します!
 

スポンサーリンク

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ