断捨離を成功させるための方法

<スポンサーリンク>

こんにちは。

家事課長です。

 

今、年末に向けて断捨離を始めようと考えています。

片付けはしていたので、そんなに大変な作業にはならない予定ですが・・・

 

片付けは、ゆるゆるのマイルールでやるのに対し、「迷ったら捨てる」を貫かないと断捨離にはなりません。

結局、思ったよりも物が減らず、ただの片付けになってしまいます。

 

断捨離をやる前に捨てる基準を作る理由

 

私は自分に甘いしズボラだし、捨てる基準(マイルール)を作らないとすぐにブレて断捨離になりません。

このところ何年も使ってなくても、「〇〇だから、捨てずにって置こう」と、いちいち捨てなくて済む理由を作ってしまいます。

 

苦渋の決断をしなくてはならないとき、十中八九楽な方へ考えます。

楽な方に逃げるの大好きです(泣)

だから途中で、本来の「断捨離やるぞ」という目的を見失って、ブレてしまうのです。

 

 

断捨離は「思い切ってやる」という意思が必要です。

文字の通り、思いを断ち切るのです。

 

 

つまり、物へ対する思いを断ち切ることが断捨離では不可欠となるわけですね。

 

私が前に片付けをしたときに、引き出しの中身をガサーっとゴミ袋に移した事がありました。

何年もずーっと使わずにそのままになっていて、なくても困らないかなと思って。

案の定、困っていないし何が入っていたかも思い出せません。

 

何年も開けていない引き出しの中なんて、そんなもんです。

 

ここ1~2年使っていない物は捨てる。

例え高かった物でも、いただいた物でも、まだ新しい物でもです。

 

 

断捨離は、ちょっとハードルが高いくらいがちょうどいい。

 

 

これが、私のマイルールです。

 

物を捨てると自分が成長する

スポンサーリンク

物を捨てると成長するというのは本当です。

捨てることをやりたくない人ほど成長します。

 

どんな事でもそうですが、人生の中でやりたくない事ってたくさんあります。

できれば、やりたくない事はやらないで過ごしたいです。

 

でも、やりたくない事や苦手なことを克服すると人は成長します。

目の前にやりたくない事があるなら、それが自分が成長できるチャンスととらえます。

 

それなのにたいてい、片付けやスッキリした部屋に関心があるにも関わらず、いざやろうとすると面倒くさくなったり、やる気がなくなる。

 

 

それは変わらない今の自分が楽だからです。

やりたくない事を克服したら、ワンランク上の成長した自分になってしまうから。

 

 

 

人の脳は変化を嫌います。

ワンランク上の自分は未知の世界です。

「ああ、頭の中でNo(脳)君が、またNo!って嫌がっている・・・」

(寒いジョークですみませんでしたっ)(T_T)

 

5年後、10年後の部屋と自分はどうなってる?

これを考えると、とても恐ろしくなります。

想像してみました。

 

もし、このままだったら・・・

 

・今と同じく「いつかやらなきゃ」と思っている。

・今と同じ物を見て「ああ、これ捨てなきゃ」と考えている。

 

つまり、考えている内容も思う事も変わらない。

全く成長できず進歩もない。

いくら今の自分が好きな人でも、私たちの本能は成長を望んでいるのではないのだろうか?

 

もし、今より後退していたら・・・

 

・今よりひどく散らかった部屋で、すべてを放棄している。

・すべての嫌なことに目を背け、見なかったことにする。

 

今のままの時より、さらにひどい。

部屋がそんな状態ならば、仕事や家事やその他のことも、すべて投げやりな人生になっている可能性が高いかも。

身なりも気にしなくなり、女子力0のだらしないおばさんに・・・

(いつも、おしゃれなおばさんを目指したい!)

思いっきり、ゾッとします。

絶対やだ~。

 

もし、克服して成長していたら・・・

 

・「自分はやればできる」と分かっているので、自分に自信がある。

・別のやりたくない事を克服することに挑戦し、常に成長を目指す。

 

 

 一気に成長して、全然別の人生になるわけではないけど、一歩一歩

階段を登るように、小さな成功や克服を重ねて徐々に進化していく。

 

 

 

部屋は、今の心の表れと言うように、きっと生き生きとした未来だろう。

常に前向きに挑戦していく自分でありたいな~。

 

まとめ

・少しハードルを上げて捨てる基準を作る。

・作ったら絶対服従。(これが出来れば、加速的に成長する)

・思いっきりやるということは、物への思いを断ち切ること。

・やりたくない事を克服すると、自分をランクアップできる。

・5年後、10年後を想像して、自分の人生を理想の方向へ修正する。

 

スポンサーリンク

&nbsp
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ