それ、取っておいてどうするの?

<スポンサーリンク>

 

 

こんにちは。

家事課長です。

 

先週の週末から寝室の大掃除に励んでいます。

掃除中は汚れ落としに集中し、片付け・断舎離は後回し。

 

と、思っていたはずなのに。

気になる!!

 

なぜ、こんなの取っておいてあるの!?

 

夫の物が捨てたくてしょうがない?

はいはい。分かっております。

人の物は例え家族の物でも、勝手に捨ててはいけないんです。

過去の記事にも書きました。

でも、どうしてもゴミにしか見えない。

具体的に言うと、過去に自分が乗っていた車と同じ車種のプラモだそうです。

色塗りも雑だし(本人はそう思ってないかもしれない)、飾っておくにはちょっとちょっとです。

一応、ガラスの扉の棚の奥に、目立たないところに飾って(?)ありますが・・・

 

そう、分かっています。

分かっていますとも。

 

人の物が気になるのは、自分が中途半端な証拠。

まずは、自分がしっかりやらねば!

 

ですね!(^^)

 

関連記事:断捨離・家族の持ち物は断捨離できない?

 

 

原点に戻る

スポンサーリンク

 

そもそも、約30年前、最初にこのマンションに引っ越してきたとき、

「なんて広いんだ!」なんて思っていた。

それもそのはず、新婚で持ち物なんて必要最小限しかなく、

少ない収納もスキスキ。

 

まさか、こんなに物にあふれるなんて夢にも思わなかった(T_T)

このときこそ、遠い未来にこうなることを想定しないといけなかったのだ!

 

子供ができ家族が増えて、物が増えない分けがない。

一度、物が多くなると減らすのが大変です。

 

その反対に物を増やすのは楽で、目をつぶってでもできる(笑)

 

できれば物の多さだけ、あの日に戻りたい・・・

 

ならば時を巻き戻せばいい。

それは、どうするのかと言うと・・・

 

死ぬときに残された家族が困らないように、

物を徐々に減らしていくことです。

 

つまり物の量を逆再生して行く。

 

つい最近、職場の同僚が、

「昔、家計簿の端に日記みたいにひとこと書いてあって、

読み返したら旦那に対する不満ばっかりだった(笑)

自分が死んだあと見られたら恥ずかしいから捨てたよ~。」

と言っていました。

 

そうなんです。

人間いつ死ぬか分からないし、

まして、生存中に見られても困るものってないでしょうか?

 

若いころカッコつけてる写真・・・

きっと、葬式中に大笑いになる(T_T)

 

これも元気な時にやるしかない。

部屋がきれいで長生き出来れば、なおさらいい。

 

 

目標はスーツケース1個で旅立つ

え?どこかに行くんですかって?

あの世の事ですよ。

 

たしか、タレントの千秋さんも、最終的には自分の荷物はスーツケース一つにして、

世界中を旅したいと言っていました。

彼女は旅でしたがね(笑)

 

まあ、スーツケース一つなんて、たぶん不可能です。

でも、極力近づけることを目標にします。

いわゆるミニマリストですね。

 

※ミニマリストとは、最小限の物しか持たない人のことです。

 

今からこんな考え早いよ!って言われるかもしれません。

でも、もっともっと歳をとったら、できるかどうか自信がありません。

 

やれるときが、やり時なのだと思うのです。

 

確かにゴールは遠くです。

 

その過程に、断舎離しておしゃれな部屋にしたりそんな道を経て、いずれたどり着きたいのです。

 

まとめ

どんなにもがいても、どんなにゴミ(?)に見えても、家族の物は捨てられない。

 

今住んでいる家に初めて住み始めたとき、物の量はどうでしたか?

今が物の多さがピークと考え、逆再生するように物を減らしていく。

 

自分が死ぬとき、自分の持ち物はどうなるのか、考えたことはありますか?

見られたら恥ずかしくなっちゃう物ありませんか?

 

残された家族が自分の物を処分するのは、大変だと思います。

家族も楽になるよう、自分も身軽でそれまで楽しく過ごせるよう考えます。

 

今からゆっくりミニマリストを目指すくらいが、

私の最適なペースです。

 

自分がどうなりたいのか、歳とって動けなくなる前の若いうちから動き出してちょうどいい。

 

 

 


にほんブログ村

どちらもポチっと押していただけると
励みになります!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ