片付けられない人あるある

<スポンサーリンク>

 

こんにちは。

家事課長です。

 

 

今回は片付けられない人あるある3選を発表します。

(これは家事課長的にということですので、あしからず)

 

片付け本を読んでも片付かない

 

これは、片付け本を読んで満足してしまうという事です。

 

片付け本を読むと、片付けられない人にとっては目から鱗で、

素晴らしく思える記事がたくさん載っています。

 

本当に、本の内容は素晴らしいと思います。

 

ところが「ああ、いい本だったなあ」とそこでThe Endになってしまう人がいます。

少しでもいいから、すぐに行動に移さないとその感動はどんどん薄まって行きます。

あとで、時間があるときにやろうじゃダメなんです。

 

でも、仮にそうであっても「自分はダメなんだ」を思う必要はありません。

それが「普通の人」です。

 

いい事を聞いても、すぐに行動に移す人の方が圧倒的に少ないそうです。

 

私も例外ではなく、最初はやる気満々でもなかなか行動に移せない事が多々あります。

 

片付け本はモチベーションを上げるツールであって、

読んだからと言って、片付けられる人になるわけではないと言う事です。

 

では、どうしたらその状態から脱出できるのかと言うと、

新しい習慣を取り入れるというやり方があります。

 

これは、自分を変えたいと思う方にも共通して言えることです。

 

今の現状は、今までの習慣の連続で出来ています。

 

勉強ができる子は勉強を習慣としてきたから。

仕事ができる人は、「仕事が出来るようになる」と言う方法を習慣化して考えて行動しているから。

せっかちと言われる人は「先走る」ことが習慣になっているから。

ルーズと言われる人は「時間を守らない」ことが習慣になっているから。

と言う事です。

 

片付け本を読んだら、その中に書いてある、最低でもひとつのことをすぐに習慣に取り入れることで、今までと何かが必ず変わってくるはずです。

 

着る服がない

スポンサーリンク

 

ミニマリストの方で、持っている服が数パターンで、

それを着回してるというのとは、まったく別の次元の話です。

 

クローゼットや洋服ダンスの中はパンパンなのに、

着る服は3パターンくらいしかない。

 

つまり何十着も洋服があるのに、普段数パターンしか着たことがない。

普通の人でも、持っている服の2割しか着ないと言われています。

 

捨てるとなると「でも、いざと言うときに・・・」と言う話になる。

じゃあ、仮に全部で100着持っていて、いつも着ている服が7~8着っだったとすると、後の約90着がいざと言う時の服と言う事になります。

 

いらないですよね?

「いざ」ですよ?

 

逆に30着だけ持っていて、それをすべて着回している人の方が衣装持ちみ見えますよね。

 

片付けのスペシャリストの近藤麻理恵さんは、衣類から減らすことを推奨しています。

そのくらい、衣類は無駄にとってある率が高いということですね。

 

タダの物をもらってくる

スーパーやコンビニで、お弁当や総菜を買ったときにもらえる、割りばしや調味料。

シャンプーや洗剤の試供品。

 

使うのならいいんですよ。

問題なのは、使わないのにもらう行為。

 

旅行に便利だから、化粧品の試供品をもらっておく。

と言う人がいました。

聞いたら、滅多に旅行に行く機会がないとのこと。

何年もとっておけないので、使っちゃった方がいいです。

酸化していまったら、お肌にも悪いですよ。

 

旅行に行くチャンスが来たら、またその時考えればいいのです。

 

また、お弁当を職場や学校に持って行くわけでもないのに、調味料を余分に持って行くのはやめた方がいいです。

 

すぐに使ってしまうならいいのですが、使うチャンスを待っていると賞味期限が過ぎてしまいますから。

そして、溜まっていく・・・(T_T)

割りばしも、ある一定の保存する本数を決めて、それを超えたら捨てるようにします。

 

まとめ

片付け本などのいい本を読んでも、ほとんどの人は読んで満足してします。

大切なのは、何か一つでもいいから、その中に書いてある方法を習慣化することです。

自分を変えたい人にも共通することで、今の自分は、今までの習慣から出来上がっていることを自覚してみる。

 

着る服が無いという人で、クローゼットやタンスがパンパンな人は意外と多くいる。

持っている衣類が少なくても、すべて着回している方が衣装持ちに見える。

 

タダの物は、いざと言う時にしか使い道がないなら、極力もらわない。

もらったら、すぐに使う。

&nbsp;

 

 


にほんブログ村
どちらもポチっと押していただけると
励みになります!
 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ