家の中で物をなくす人あるある

<スポンサーリンク>

 

こんにちは。

家事課長です。

 

みなさん、出かけ際に携帯や鍵がなくて焦ることはありませんか?

私は、出勤しようと、家を出ようとしたときに家の鍵が見当たらなくて

困ったことがあります。

 

車の鍵もそうです。

おかげで遅刻しそうになったこともあります。

 

職場に遅れを取り戻すように、あわてて行かないとならないので、

本当に危ないですね。

そこで事故などおこしたらいたたまれません(T_T)

 

物をなくすことを防止するため、どうしたらいいのか、

いろいろ考えてみました。

 

 

家の中で物をなくす人の共通点ワースト3と

その対策方法についてお伝えします。

 

 

物をなくす人あるあるを上げてみました

はあ~。心にグサグサ刺さってきます~。

 

これは自分の事を棚に上げて、

物をなくすことが多い人を観察した結果、

たぶんこういう事だろうな~と思ったことです(笑)

 

それではBest8の発表です。

(いや、Worst8か?)

1 いつも、うわの空で無意識に物を置くので、記憶にない。

2 物を置く定位置がない。

3 いつも「ま、いっか。」で済ますことが多い。

4 使ったら使いっぱなし。

5 持ち物が多い。

6 携帯いじりながら行動する。

7 片付けは自分の仕事と思っていない。

8 とりあえずどこにでも置く。

 

どうでした?

いくつか当てはまりますか?

 

自慢じゃないけど、私もいくつか当てはまるし・・・。

 

でも、大丈夫。物事にはちゃんと改善策があるのです。

 

物をなくす原因と改善策

スポンサーリンク

 

1の「いつも上の空で無意識に物を置くので、記憶にない」は、

考え事が多い人です。

頭の中はいつも何かでいっぱいになって、目の前のことはうわの空になってしまう。

そうすると無意識で行動をするので、覚えていないわけです。

 

改善策は、

目の前のことに意識を持つ習慣を付ける。

すると、目の前のことを考えて行動するようになり頭が働くので、

ミスしそうになることを、事前に防ぐ行動をしたり、

より良くなるためのアイディアが浮かんだりします。

 

 

2の「物を置く定位置がない」は、

家の中が片付いてなく、物であふれている場合が多いです。

だから、定位置になるスペースなどなく、その辺に置いてしまったり、

カバンの中や上着のポケットに入れっ放しで、

時間がたつとどの服だったか、どのカバンだったか、

どこにいれたのか、分からなくなってしまう。

 

改善策は、

物を減らして、誰が見ても分かるところを定位置として決めることです。

誰が見ても分かるということは、その周りはキチンと片付いていて、

当たり前のように、そこにあるということです。

 

 

3の「いつも(ま、いっか。)で済ますことが多い」は、

反省しない人(笑)

失敗して落ち込み過ぎるのも良くないけど、

まったく反省しないと何の学びにもなりません。

 

改善策は、

物をなくしたら、(ま、いっか。)ではなく、

この前こうしたからなくしたから、次は違うしまい方をしようという工夫が必要です。

個人的には、(ま、いっか。)って済ます人好きですけど^^

 

 

4の「使ったら使いっぱなし」は、

なくしものがとんでもない所から見つかったりして、

自分でも何でここにあるんだろうと、不思議に思ってしまうタイプ。

 

改善策は、

使ったら元の位置に戻す!(笑)

考え方はいたってシンプル。

これを意識するだけです。

 

 

5の「持ち物が多い」は

もう何がどこにあるのか、まったく把握できていない人。

とにかく部屋の中の物が多く、棚の上にも床にも物があふれている。

 

改善策は、

お願いだから使わない物、捨ててえ~(T_T)

 

 

6の「携帯いじりながら行動する」は、

1と似ていますね。うわの空で心ここにあらずです。

1と違うところは、考え事ではなく、携帯に夢中になっています。

 

改善策は

特にゲームは、何かをしながらではなく、

「さあやるぞ!」と準備が出来てからやりたいですね。

私も「ポケモンGO」やるので、何かをしながらやりたくなる気持ちはよく分かります。

でも、物をなくすどころか、けがをしたりぶつかったりするリスクがあるので、

気を付けます。

 

 

7の「片付けは自分の仕事と思っていない」は、

自分で使った物は自分で片付ける習慣がない人です。

誰かが片付けてくれるので、

自動で片付いていると思ってるのでしょうか。

 

改善策は、

「自動で物が片付く分けがない」と知る(笑)

「誰かが片付けて当たり前」と思っているなら、

「その考え、人としてどうよ?」と思ってしまいます(笑)

自立してくださ~い(^^ゞ

 

 

8の「とりあえずどこにでも置く」は、

このタイプは多いのではないかと思います。

とりあえず、その時その時違うところに置くので、

覚えていないということです。

「ここにあると思ったのにない」という状況。

 

改善策は、

鍵はココ。携帯はココ。と場所をキッチリ決める。

その辺に置かないことを意識する。

うっかり、その辺に置いてしまっても、

それに気が付いたら定位置に置く習慣をつける。

 

 

まとめ

物をなくすと、なくなるのは物だけではなく時間もなくなります。

どうしてもすぐに使う物なら、時間をかけて探し回ります。

 

やはり一番確実な改善策は、家の中の物を減らして、

物の場所を把握することだと思います。

 

片付けって大事ですね!

 

物にも住所があるのですよ。

物が住所不定になるのは、かわいそうです。

 

物がちゃんと自分の住所に帰らないと、

一番困るのは持ち主です。

 

ちゃんと、お家に帰してあげれば、家出しなくなりますよ。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ