【大掃除】ステンレスを新品のようにピカピカに!「茂木和哉」活躍中

<スポンサーリンク>

こんにちは。

家事課長です。

 

家の中の水回りにあるのがステンレス。

ステンレスがピカピカに輝いているだけで、

掃除が行き届いているように見えます。

 

逆にステンレスが水垢だらけで汚れていると、

せっかく周りをおしゃれにしていても、

 

「あ~、なんだか悲しい・・・」って、

 

残念な気持ちになります。

 

そのくらい重要!!

 

家じゅうのステンレスを磨きます!

 

浴室の蛇口のステンレス部分

前回と同様、

はじめはクエン酸で磨いてみます。

上の写真は、磨く前です。

水垢ばっちり付いていて期待通りです(笑)

 

タッパーなどの容器にクエン酸液を作り、キッチンペーパーを浸しておきます。

 

下の写真のようにステンレス部分に湿布します。

 

 

クエン酸液の作り方

・クエン酸・・・小さじ1/2

・お湯・・・100㏄

 

 

 

30~40分ほど置いたら洗い流します。

 

まあまあ、きれいになりましたが落ち切れていませんね。

もしかしたら、かなり力を入れて擦ったら、落ちるのかも知れません。

 

茂木和哉登場!

もう、病みつきになりそう、「茂木和哉」。

 

あとに、これが控えているので、

クエン酸は適当なところで、切り上げます。

 

なぜなら、力を入れるのは疲れるからです(笑)

 

では、やって見ましょう。

 

布かスポンジに「茂木和哉」を付けて磨くだけ。

磨き終わったら水をかけて、きれいに拭き取って終了。

 

よく見て所々水垢が残っていたら、

そこを集中的に再度磨きます。

 

 

どうでしょうか。

ちょっと、写真が遠くなってしまいましたけど、

かなり落ちています。

 

「しめしめ、少しくらい掃除をサボって水垢が付いても、

これがあれば、いけるんだ~。ケケケッ(ΦωΦ)」

(妖怪!?)

 

と思ってしまっている自分がいる・・・(T_T)

 

 

大掃除だから。大掃除ですから!

と、自分に言い聞かす!

 

関連記事:【大掃除】浴室水垢落とし クエン酸VS茂木和哉

 

キッチンの蛇口の水垢としてストレス解消

スポンサーリンク

 

今までは、クレンザーで落としていました。

クレンザーでも落ちますが、かなり力がいります。

 

特にキッチンはステンレスを多く使っているので、

ステンがピカピカだと、照度が高く感じます。

いつもの照明なのに、いつもより明るい!

 

よく、風水でキッチンをきれいにすると金運にいいと言います。

ピカピカ光っているステンレスをみると、

おぉ~、なるほど~と納得します。

 

たいてい、お金持ちの家はステンレスがきれいです。

私もあやかりたいので、せっせと磨くことにしよう(笑)

 

もうすぐ、年末ジャンボもあるし、縁起を担ぐにもいいですね。

 

きれいな物を見ると豊かな気持ちになります。

意識していても、していなくても豊かになります。

 

ストレス解消にも一役買いそうです。

豊かな気持ちと、ストレスは共存できませんからね。

 

よく、部屋をきれいにしたら元気が出たと聞きます。

おそらくこういうことを言うんだろうな。

 

年末の大掃除は、一年の汚れを取って

新年に神様をお迎えするという由来がありますが、

ストレスをリセットする効果もありそうです。

 

まとめ

前回の浴室の鏡磨きに続いて、

今回も「茂木和哉」でステンレスを磨きました。

 

やっぱり楽です。

もし、多少お値段が高くても時短を優先したい方には、

すごくオススメしたいです。

 

私は別に「茂木和哉」の回し者ではないのですが・・・(笑)

買ってよかったので、迷っている方の参考になればうれしいです。

 

ステンレスを磨くと照度が増すように感じられます。

周囲が明るくなります。

 

これから宝くじや金運を上げたい人に、

縁起を担ぐにもおすすめです。

 

お金持ちの家はたいていステンレスがピカピカです。

どうせなら、大掃除のついでにピカピカに磨いてあやかりましょう。

 

来年は金運に恵まれる年でありますように!(笑)

 

もれなくストレス解消のおまけもついてます!

(なんのセールスだ?)

 

毎年大掃除をやる時間が無い方も、

ステンレス部分を磨くだけでもやった感があります。

 

そのくらい目立つ部分だと思います。

 

スポンサーリンク

 

ブログランキング
 

 


にほんブログ村
 

 

いつも応援ありがとうございます!
 

ポチっと押していただけると励みになります!
 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ