片付ければ古い家ほどおしゃれな部屋に変わるNYスタイル

しばらくブログが更新できずにいました(T_T)

実は、ニューヨークに行って来ました。

 

息子がそちらで留学しているので、

学校が休みの日に案内をさせようとしましたが、

風邪をひいていて、あまり役に立たない・・・(*_*;

 

でもでも!

 

お店やホテルのインテリアや

ニューヨークがおしゃれに見えるのは

なぜなんだろう

と観察してきましたので、

みなさんと共有していきたいと思います。

 

超高層ビルが立ち並ぶ都会なのに、

広大な緑地公園のセントラルパークとのミスマッチがすごくいい。

 

野生のリスもいました。

ビルだけでなく、リスもデカい(笑)

 

朝はジョギングしている人が多く、

スタイルがよくてカッコいい!

 

そんな人も住居のカッコよさを真似していきたいですね(^^)

 

スポンサーリンク

 

ニューヨークがおしゃれに見えるのはどうして?

 

ニューヨークは、日本と比べて古い建物が多いです。

なぜか不思議なことに、古い=ボロとはならないんです。

 

古くても建物がしっかりしているし、手入れも行き届いています。

ガイドさんに教えてもらったお金持ちが住んでいるという、

ビルの外側などをしげしげと観察してきました。

 

ジロジロでなくしげしげがポイントです(笑)

 

外側は古いですが、手入れがされています。

建物の周りの掃除も行き届いていました。

 

 

まあ、文化の違いもあるので真似をしようにも、

一概に日本も同じようにとはいかないんですが・・・

 

少し前から日本でも古民家をリノベーションをするという話をよく耳にします。

新築とは違う味わいがありますね。

 

新築の家はきれいで最先端の仕様でとても快適です。

そのままで素敵です。

 

でも、どちらかと言えば古い家ほど映画に出てくるような、

おしゃれな部屋に変わる可能性を追求する方が、断然面白い!

 

 

古い家と新しいセンスを融合

 

スポンサーリンク

家の古さを活かしつつ、現代風にアレンジする。

これぞ、ニューヨークスタイル。

 

古い部屋をニューヨークにのブルックリン風にしてみようかと考えていたところ、

すでにコーディネートされている方を発見しました。

 

 

古い家はセンスを磨くチャンス

同じ古い家でもおしゃれに見せるのか、

ただの古い家にしか見えないのか、

部屋のセンスに掛かってきます。

 

そうは言っても、我が家は昭和のドラマに出てきそうな古い和室だし・・・

 

そう思った方、こちらをご覧ください。

 

roomclip.jp

こちらは、reenaaさんという方が、

築33年の団地を手掛けたものです。

 

とても築33年だなんて信じられませんね。

本当にすごい!!

 

 

ニューヨーク、ブルックリンのカフェ風で、

とても素敵なキッチンですよね。

 

 

 

お次は洗面所です。

こちらもおしゃれ感を出すために、

わざと古さを演出しているようにしか見えません!

本当にお見事です。

 

片付けのモチベーションが上がらない人や、

どんな部屋にしていいのか分からない人は、

このような達人のサイトを見て、うっとりしてみるのもいいです。

 

 

見ているだけで勉強になるし、

できそうなところは真似をしてみるといいと思います。

 

 

 

真似をしていくうちに上手になるし、

自分の好みも分かってきます。

 

 

部屋がおしゃれかどうかは外観からも分かる

 

家は手入れをしないと、早く傷んでしまいます。

人間と同じように、お手入れをしないと早く老化するんですよ。

ドキッΣ(゚Д゚) (←過剰に反応するお年頃)

 

外観はお金を掛けてでも修繕するべきです。

家の隙間からヒビから雨水などが入ると家が早く傷みますからね。

 

家を長持ちさせ、外観をきれいに保つためには必須です。

 

おしゃれな家に住んでいる方は、

外観の手入れもきちんとされています。

 

通勤途中にある家を観察してみると、

きれいなお花がプランターに並べてある家は、

家の外回りもきれいに片付いています。

 

門の入口に飾ってあるお花も、種類や色が無造作ではなく、

統一感があります。

 

外から見える自分の家にも気を配っているのが分かります。

 

家のまわりにガラクタなどがいつまでも置いてあって、

雨ざらしになっている家ので、部屋の中がものすごくおしゃれと言うのは、

聞いたことがありません。

 

まとめ

今回紹介した古い家をブルックリンのカフェ風にアレンジした事例のように、

家に何かのテーマを持たせると統一感が出ます。

 

こんなおしゃれな部屋に住んでいるreenaaさんは

素敵な方に違いありません。

 

ブルックリンはマンハッタンに比べて、

安い家賃に魅力を感じたアーティストたちや若者たちが住むようになって、

少しずつ「おしゃれなエリア」として注目されるようになりました。

 

 

 

一緒に市内観光した25歳の青年も、

近いうちにニューヨークに移住する計画で、

ブルックリンに住みたいと言っていました。

 

古い建物を利用した(古くなってしまっただけなのか)、

おしゃれな地元密着型のお店があって

落ち着いた雰囲気です。

 

ここで学んだ事は、

 

家をきれいにできないとか、

おしゃれにできないと言うのは、

古いと言う事とは、まったく関係がないということでした。

 

 

 

新築のときは放置をしてもきれいですが、

時が経つとどんどん汚くなる。

放っておけば、家の外も中も統一感のない物であふれてしまいます。

 

 

家をおしゃれにするということは、

家に手をかけているということですね。

 

これからセンスのいい部屋にしたい方、

はじめの一歩は片付けです。

 

毎日少しずつ行うゆるプチ断捨離の方法も載せてありますので、

ぜひ、ご覧くださいね。

 

Step1:初心者から始める片付け・断捨離のおすすめなやり方やコツ

Step:2初心者が片付けを簡単に成功させるコツは?

 

 

スポンサーリンク

 

ブログランキング
 

 


にほんブログ村
 

 

いつも応援ありがとうございます!
 

ポチっと押していただけると励みになります!
 

 

&nbsp

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。