来年開運 秋から大掃除をすると運勢がアップする

年末は大掃除という一大イベントがあります。

 

 

✓ ただでさえ忙しいのに大掃除か・・・憂鬱。

✓ いつも最後までやりきれないのよね~。

✓ 年末は忙し過ぎて大掃除にすらたどり着けない・・・。

 

そんな風に思ったことありませんか?

 

実は大掃除は秋が一番適してるのをご存知でしょうか。

年末は仕上げ程度で済ませるのが理想です。

 

早め早めの行動が、来年の開運アップになるのです。

 

関連記事:風水で開運!キッチンをきれいにして金運・健康運を上げる

スポンサーリンク

 

なぜ秋に大掃除なのか

キッチン

秋は暑くもなく寒くもなく、作業しやすい季節です。

 

それだけでなく年末より気温が暖かい分、

換気扇やレンジ周りの油汚れも寒い季節より緩んでいます。

秋は冬より汚れ落としやすいのです。

 

関連記事:【大掃除】水垢、皮脂の汚れの正体って?中和して落とすのが基本

エアコン

猛暑に大活躍したエアコン。

どこの家庭でも大変お世話になった電化製品です。

 

もうエアコンなしでは生きていけない・・・(笑)

本当に日本の夏は暑いですね。

 

涼しくなるとエアコンは使わなくなりますが、

次に活躍するのは暖房として使う冬。

もしくは来年の夏までお休みです。

 

切りのいい、このタイミングで

汚れが固まらないうちにエアコンのお手入れをしましょう。

 

フィルターは外したら、

新聞紙を敷いた床にフィルターを寝かせて、掃除機で埃を吸い取ります。

そのあと中性洗剤で洗ってよく乾かしておきます。

 

本体は洗剤を薄めて浸した雑巾を絞って、

拭ける場所はすべて拭いてよく乾いたらフィルターをセットします。

 

夏が終わったらすぐお手入れすることで、

カビやばい菌を繁殖するのを防ぎます。

 

お手入れしないで次に使うと、

カビの胞子、埃、ばい菌をまき散らし、

エアコンをつけると臭ったり、鼻がムズムズしてしまいます。

 

健康にもよくないですし、

風水でも汚れた空気はNGです。

 

浴室

 

浴室も秋に大掃除をするといい理由は、

カビも温度がある程度暖かい時期の方が落としやすいからです。

 

カビや水垢は秋に根こそぎ落として、

年末は少しの労力で済むようにした方が断然楽です。

 

関連記事:【大掃除】浴室水垢落とし クエン酸VS茂木和哉

特に水回りは秋に終わらせておくと年末が楽

水回りの掃除はただでさえ大変な場所です。

 

まだ気温が暖かいうちに大掃除を済ませた方が、

寒い時期にやるより気力も体力も楽です。

 

冬より落ちやすい汚れもたくさんあるので、

少ない労力で済むのです。

 

水が冷たくなると、水仕事が辛くなります。

気温が低くなると、窓を開けっ放しの作業も辛くなりますよね。

 

服装も軽装で済む秋がピッタリです。

 

秋のうちに大変な作業は終わらせて、

年末は他のことに時間をかけたいですよね。

 

秋の大掃除が運勢アップになるわけ

スポンサーリンク

 

風水では11月中に大掃除を済ませると良いとされています。

 

ホリエモンさん、斎藤一人さん、中谷彰宏さんなどの、

たくさんの成功者と呼ばれる人たちは、

口をそろえて人より行動の早い人は上手くいくと言っています。

 

この人たちは運が味方していると誰もが思わせるくらい、

人生が上手くいっています。

早めの行動を心掛けているから、天に味方されているのでしょう。

 


神様は行動の早い人が大好きなんですね。

神様もけっこうせっかちなのではと思います。

だから、人間と同じように自分と同じペースの人が好きなのでは。

 

せっかちな人がなかなか行動しない人とは気が合いませんからね。

 

ゲッターズ飯田さんは今年の10月から12月に起こる事や、

行動することが来年につながると言っています。

 

つまり、今まで先延ばしばかりしていた人は、

10月~12月は成功者たちのように早め早めに行動すれば、

来年はさらに上手く回るのではないでしょうか。

 

関連記事:開運【ゲッターズ飯田】2019年金運・仕事運上げる重要な月

まとめ

神様は早め早めの行動をとる人に微笑むというのは、

どうやら本当のようです。

 

大掃除は今年の汚れ落とすだけでなく、

新しい年に神様をお迎えする意味もあります。

 

他の人たちが苦労して年末大掃除している中、

余裕で神様を迎えましょう。

神様の方も「おぬし只者ではないな」と思ってくれるかも。

 

秋の気候が良い動きやすい時期に大掛かりな作業を済ませ、

年末はストレスなしで余裕で過ごしたいものです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。