2019年ゴールデンウィークはパワースポット熱海へ!都内から日帰りも 

 

2019年のゴールデンウィークは、なんと10連休!

でも、まだ予定が立たなくて・・・。

宿の予約もどうしよう・・・。

 

それなら、泊りでも日帰りでもどちらもOKであれば問題なしですね。

どうせなら、パワースポットに出かけて、

よい運気をチャージしませんか?

 

スポンサーリンク

 

おすすめは東京から約45分、熱海が熱い!

少し前までは、なんとなくさびれていて元気がなかった熱海ですが、

今、観光に力を入れていて、

次々と格安なお宿が誕生しています。

 

東海道新幹線で、熱海駅まで約45分。

新幹線のホームへ降りると、相模湾が広がっています。

お天気がいいと、新島や大島が見えます。

 

駅を出ると間歇泉(かんけつせん)や足湯があり、

温泉の街ならではの名物スポットがあります。

出典:tabico.jp

この写真の左側は足湯です。

右は間歇泉で

温泉が勢いよく湧き出している様子がわかりますね。

 

駅もリニューアルされて立派になりました。

 

おすすめパワースポット 来宮神社

スポンサーリンク

来宮神社にある樹齢2000年を超えるご神木は、

国の天然記念物に指定され

全国2位の巨木とされています。

 

出典:izu-np.co.jp

 

この巨木を一周まわると寿命が1年延びると言われたり、

願掛けしながら一周まわると願いが叶うとも言われています。

 

勘の鋭い人なら、パワーを感じる事ができるかも知れません。

私の場合は、とても優しい穏やかな気持ちになりました。

パワーストンを持って行けば、パワーストーンにも、

エネルギーをチャージできそうです。

 

とくかく、「絶対神様宿っているでしょ」と思える迫力なのです。

 

神社の敷地内に小さなカフェもあり、

食べ物からもパワーをチャージしながらくつろげます。

 

熱海駅からのアクセス

・徒歩

距離:約1.5km

時間:約20分

 

・JR伊東線

JR熱海駅からJR伊東線に乗り換えて、

次の「来宮駅」から徒歩5分程度。

 

・バス

JR熱海駅から十国峠行または西山循環

「来宮神社」で下車すると、目の前です。

 

関連記事:おすすめパワーストーン5選!開運・金運・厄除け

おすすめパワースポット 走り湯

熱海の走り湯は、今から1300年前に発見され、

山から海へ湧き出した湯が走り落ちる様子から、

「走り湯」と呼ばれるようになりました。

 

走り湯は横穴式源泉で日本でも大変珍しく、

日本三大古泉のひとつです。

 

出典:ataminews.gr.jp

 

今でもお湯が毎分170リットル湧き出ていて、

大地のパワーを感じるスポットです。

熱海駅からのアクセス

・バス

JR熱海駅から「湯河原」方面行きで約5分、

「逢初橋」で下車し徒歩約10分。

楽天トラベル

パワースポット 伊豆山神社

伊豆山神社は、源頼朝と北条政子が結ばれたところで、

縁結びの神社として知られています。

 

長い石段を上るとピンと張りつめた空気の中に、

境内があります。

パワースポットとして有名なだけあって、

神々しいパワーを感じます。

 

ここから相模湾が一望できます。

出典:ataminews.gr.jp

 

この神社には「最強のお守り」が人気があり、

伊豆山神社に参拝に来たら、ぜひ手に入れたいです。

 

運気アップを目指して来る方におすすめです。

赤と白の龍がこの神社のシンボルで、

お守りにも入っています。

熱海駅からのアクセス

・バス:熱海駅から七尾団地方面行きで約10分。

伊豆山神社前下車。

 

・徒歩:熱海駅から23分

 

関連記事:【開運】初詣、神様に届く神社参拝の作法と仕方

関連記事:神様に呼ばれる人歓迎される人へのサインは参拝前後に出る

 

お土産

熱海は古くからの観光地なので、

お土産も駅ビルや商店街にたくさん取り揃えています。

現地で味見をしてゆっくり選んでもらうのがいいのですが、

時間がない人のために、2点選んでみました。

参考にしてください。

伊豆の踊子

10個入り 1,080円(2019.3月現在)

会社に配るのにおすすめです。

 

通販でも購入できるので、

荷物を抱えて帰らなくても大丈夫です。

 

熱海プリン

2018年の7月にオープンしたお店で、

お取り寄せもできます。

種類も豊富で4個入りで1,600円から。

 

自分や家族へのお土産におすすめです。

引用:atami-purin.com

楽天トラベル

まとめ

熱海は昔から良質な温泉として有名で、癒しの場でした。

徳川家康公も熱海の温泉をこよなく愛したと言われています。

 

熱海の街並みは山の斜面に建物や道があり狭い道が多いです。

泊まりで行くなら、夕飯前にゆかたで散策して楽しみたいですね。

 

特に日が沈むころの空のコントラストは、

言葉では表現できないほどの美しさです。

 

注意する点は、

駐車場があっても停められる台数が少ないです。

連休中は車より公共の交通手段や

徒歩で行くのがおすすめです。

 

たまには、日常を忘れて日ごろの疲れを癒してください。

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。