断捨離が効果的なら副作用もあるの?

<スポンサーリンク>

 
こんにちは。

家事課長です。

 

断捨離は、いらない物を捨てることで考え方にも無駄がなくなり、良いアイディアを思いついたり、物事を前向きにとらえられる効果があると私は思っています。

中には断捨離をすると、一時的に良いとは思われない事が起こったりします。

 

断捨離で体調崩すことってある?

私は今回断捨離に突入して、以前、断捨離をやったときと同じく体調を崩す体験をしてしまいました。

それは何かというと「腹痛」です。

 

調べてみると、私の他にも断捨離をすると腹痛になる人がいるようです。

前回はもう下痢までいって、そりゃあ大変でしたよ。

もちろん、断捨離は体調が回復するまで中断。

 

でも、たまに一時的に体調崩すことがあるのは、知っていたので驚かなかったです。

 

原因は断捨離をして、家の中の気の巡りが良くなると、体の気の巡りもいい方に変わってくるので、そのとき一時的に気が乱れる現象と言われています。

 

好転反応とかデトックス効果とも言われ、体に溜まった悪い物を出すという考え方もあります。

 

今回は腹痛だけで治まったのでラッキーでした。

その他に、頭痛が出る人、風邪をひく人や熱が出る人もいるようですね。

 

これはちょっと不思議な話なので、信じられない人はスルーしてくださいね。

 

断捨離の副作用の乗り切り方

スポンサーリンク

 
断捨離中に、ときどき上から目線で物を言う〇〇さんに対して、イライラすると言う事がありました。

(普段は「あーまた上から発言になっちゃてる~」と笑って許せます(笑))

 

このイライラも、気の乱れなのでしょうか。

 

この〇〇さんは、あねごタイプで悪気はなくむしろ親切でいろいろ言ってくれるので、普段は言い方が悪いけど、いろいろ教えてくれてありがたい人です。

 

ところが、今回の断捨離中はすごくイライラするのです。

正直、「私はなめられてるのか」とまで思えます。

 

でも、もう一人の冷静な私が、「ちょっと、自分が変だよ」と教えてくれます。

ああ、これももしかしたら副作用なんだなと思ったら、急に楽になりました。

〇〇さん、ごめんね。と心の中で謝りました(笑)

 

こんな時は、自分のペースで断捨離が出来ていなかったのではないかと振り返ります。

ちょっと、がんばり過ぎてストレスになちゃったかもね。

逆に、思いどおりに進まないのもストレスになります。

 

自分がなんか変だと感じたら、少し中断して楽しいことをするとしよう。

 

 

物を捨てなくてはいけないと言う「呪縛」

断捨離は使わない物を捨てるという作業なので、捨てるということ自体は間違ってないのに、捨てなくてはならないという強迫観念が生まれるときがあります。

 

そもそも、断捨離の目的は私の場合「自分の好きな物に囲まれて、幸せに快適に生活をする」と言うことと、

「視界から入る余分な情報(ガラクタ)を取り除き、部屋の中ではストレスから解放された生活を送る」ことです。

 

ついでに、部屋と一緒に自分も進化し成長しようという目的もあります。

(いや、ついでではなく、こっちが重要だった!(笑))

 

なのに、いつの間にか「物を捨てなきゃ」という強迫観念に駆られてストレスになってしまう事があるのです。

 

幸せになるために、前向きな気持ちで「使わない物を処分する」のが断捨離。

「物を捨てられないから自分はダメなんだ」とか、「捨てなきゃいけない」と捨てることに執着し始めるなど、本来の目的を見失いネガティブな思考になっていたら、それはもう「呪縛」です。

 

断捨離はゴールではなく、幸せに暮らすための手段なのですから。

 

呪縛に気付いたら、いったん断捨離から離れて「自分はなんで断捨離してるんだっけ?」と考えることをオススメします。

 

まとめ

・断捨離中、体調を崩したらいったん中断する。部屋の気の巡りがよくなることで、体の気の巡りも良い方へ変わろうと、一時的に気が乱れることがある。

・普段は気にならない、他人の言動に対してイライラしてきたら、自分が良くなるために、一時的に気が乱れているので「今自分が普通じゃない」と思ってみる。

・「捨てなくてはいけない」という呪縛に気付いたら、断捨離からいったん離れて、「自分はなんで断捨離してるんだっけ」と原点に戻って、目的を思い出す。

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ